AIDAHO

works

©AIDAHO Inc.

Matsudo renovation 3rd

We renovated an apartment in a 36-year-old building.
The design aims to allow light and fresh air to stream through the room from the entrance to the balcony and make it a comfortable place to live in.
There is a walk-in closet for shoes and cloaks by the entrance, and a sun room on the balcony side. The temperature and privacy of the rooms can be adjusted by opening and closing the partition doors and windows.
The free center space is intended to be a children's room in the future, but can be used as an extension of the living room or dining space while the children are still young. The apartment has become a living space with plenty of room that can change as the children grow up.
築36年のマンションの一室をリノベーションした。

玄関側からバルコニーまで、光や風が通り抜ける気持ちの良い住宅を目指して設計した。

玄関側にはシューズクローク、ウォークインクローゼット、バルコニー側にはサンルームを設けて、それぞれの仕切り戸や窓を開閉することで居室の熱環境や各部屋間のプライバシーを調節できるようになっている。

中央のフリースペースは将来的に子供部屋となる予定だが、子供が幼いうちはLDKの延長空間として活用できる。

子供の成長と共に変化してゆけるような、豊かな余白のある住まいとなった。

主要用途:住宅
設計:株式会社AIDAHO
施工:竹中ホームリビング株式会社(内装工事)
株式会社F.Maker(木製建具・家具工事)
延床面積:68.84㎡
竣工:2016年11月
写真:本多康司/本多康司写真事務所