AIDAHO

works

©AIDAHO Inc.

BAR ROBROY

BAR ROBROY

This is the design for the interior of a real McCoy cocktail bar in Edogawa Ward, Tokyo. The client is an old hand bartender who has managed a bar in Motoyawata, Ishikawa City, Chiba Prefecture for many years. The design reflects the client’s personal aesthetic sensibility and style, backed up by his long experience.

The main counter in the space is a six meter-long, one-meter wide, single piece of assamela. This virgin wooden counter top exudes a distinctive presence inside the long, narrow space of the bar.

The starting point for our design of this bar, which is called ROBROY, was the owner’s first bar in Motoyawata. Our idea was to create a space that allowed guests to experience the mood of the original bar.

We felt one of the distinctive features of the original bar is the low ceiling above the counter seating, which creates an exquisite sense of coziness, and decided to add this element into the space design of the new bar.

We orchestrated a low ceiling to protrude to the outside of the entrance area, creating the impression of already sitting at the bar when still only standing at the entrance. Opening the front door, customers are greeted by a splendid, virgin counter top that everyone instinctively wants to reach out and touch. The counter runs parallel with the ceiling, which appears to extend deep into the establishment, and together they impart a sense of expansion to the space.


primary use: fine dining bar
architectural design: AIDAHO Inc.
general contractor: Sun Support Co,Ltd.
location: Edogawa Ward, Tokyo
total floor area: 77 m2
completed: September 2014
photo credits: Koji Honda / Koji Honda Photo Studio
BAR ROBROY

東京都江戸川区で本格的なカクテルを楽しめるバーのインテリアをデザインした。

クライアントは千葉県の市川市本八幡で、長くバーを経営しているベテランのバーテンダーで、経験に裏打ちされた独自の美学やスタイルを反映したデザインとなっている。

空間の一番のメインとなるバーカウンターは、長さが6メートル、幅が1メートルのアサメラという木の無垢の一枚板で、長細い空間の中で特別な存在感を放っている。

今回デザインしたROBROYというバーの原点となっているのが、本八幡にある1号店で、その1号店の雰囲気を感じることが出来るような空間にしたいと思った。

1号店の特徴として、カウンター席上部の天井が低く、それが絶妙な居心地の良さを演出していると感じ、今回の空間デザインに取り入れることにした。

低い天井をエントランスの外まではね出し、エントランスの前に立った時点で、カウンター席に座った感じがイメージできるような演出をしている。

エントランスの扉を開けると、思わず触れたくなるような見事な無垢のカウンターと共に、それに平行して低く、奥まで続いて見える天井が、空間の広がりを演出している。

 

 

 

 

主要用途: ダイニングレストラン
設計:株式会社AIDAHO
施工: サンサポート株式会社
所在: 東京都江戸川区
延床面積: 77㎡
竣工:2014年9月
写真: 本多康司/本多康司写真事務所