AIDAHO

works

©AIDAHO Inc.

Shin-Matsudo Renovation

In Chiba Prefecture's Matsudo City we have renovated one of the units in a 33-year-old condominium building. We were given specific requests from the client, such as creating a bright and open living area with an open kitchen attached, and making the living room not directly visible from the entryway.
The condominium is a living-dining-kitchen with four bedrooms including a walk-in closet, and the layout is the typical style in which the unit is long, extending inward from the front of the building. Because sunlight only enters the south side of the building, the living room and bedrooms are situated on the south side and the kitchen on the opposite side. The hallway that extends off of the entryway is shifted one meter to maintain the privacy of the living room.

The window which faces out onto the public hallway is located in the wide entryway, which helps maintain privacy by shielding the living area from the public space, while also providing for ventilation and lighting.

The spare room which may be used for children in the future does not have windows, so skylights have been placed on both sides of the room for lighting and ventilation. In the meantime, the room may be used as the family's shared spare room, or as a storage or guest room. If the family grows, a room may be partitioned off, and the spare room may become a private bedroom.


primary use: residential
architectural design: AIDAHO Inc.
general contractor: TOKYO TOWASAN Inc.
furnichure:camp
location: Matsudo, Chiba Prefecture, Japan
total floor area: 84.18 m2
completed: December 2014
photo credits: Koji Honda / Koji Honda Photo Studio
千葉県松戸市にある築33年のマンションの一室をリノベーションした。
クライアントからの具体的な要望として、対面型キッチンを有する明るく開放的なリビング、玄関を入ったときに直線的にリビングが見えないようにすること等が求められた。
間取りは、間口に対して奥行き方向が長い一般的なマンションの間取りに、寝室とウォークインクローゼットをプラスした4LDKで、陽が入る方向は南側の一方向に限られるため、南側には寝室とリビング、対面するキッチンを配置し、直線上にあった玄関と廊下の芯を1mほどずらすことでリビングのプライバシーが守られる計画とした。

共用廊下に面する窓は、玄関に広めの土間を配置し、共用部からワンクッション置くことでプライバシーを守りつつ、通風と採光を確保できるようにした。

将来子ども部屋として考えている予備室は、外部に接しないため、明かり窓を両側に設け、採光と通風を確保している。子供が成長するまでは家族共有の予備室として、収納や客間として利用され、子どもが増えた場合は家具等で仕切り、個室として利用できるよう考えてある。

 

主要用途: 住宅
設計:株式会社AIDAHO
施工: 東京トーワサン株式会社
椅子:テーブル、ソファー:WOODWORK
所在: 千葉県松戸市
延床面積: 84.18㎡
竣工:2014年12月
写真: 本多康司/本多康司写真事務所