AIDAHO

works

©AIDAHO Inc.

石神井台の家

This residence, located near a large park, is in an ideal location that allows for enjoying natural scenery. However, both sides are encroached on tightly on both sides by residences, with neighboring homes at the back looming as high as 3m above, so the south side of the lot felt oppressive and closed off.

We felt that there were physical limits to realizing a fully open plan that incorporated the external environment, so we wondered if we might be able to instead create a space with tall ceilings and a simple functionality used for creating an open space. We devised a middle floor that connects the upper and lower floors, creating a home with a sense of openness that conducts from top to bottom of the vertical space. Slatted openings created by variations in the level of the floor ensure that the home has an open feeling while retaining the same functional floor area. Simultaneously, these slits ensure that natural light enters deep into the house from the second floor and up, even on the north side, which had been previously darker.

The interior plan features a spacious, 17-mat living/dining/kitchen (LDK) space that leads to the garden on the first floor. Sinks and water fixtures congregate on the additional space at the north side. In addition, a second living room was created. This room is two floors down from the LDK and, in contrast to the aforementioned spacious living room, is designed as a cave-like, small space that appeals to the natural desire to nest. For those times when you want to unwind or work from home, this separate space creates a distinctly different "zone" apart from the flow of day-to-day activities in the rest of the home.

The middle floor, about 2m up from the living room, can be used for needs as various as a children's playroom, an office, a library space for the family, sun room, and more. There are sight lines open to both other floors, and the ceiling is 5.2m at its highest, creating a very spacious feel not found in traditional residences.

The middle floor has an open space 1m up, with no particular arrangement of space, allowing the residents to use it as they see fit. It can be used in conjunction with the rest of the middle floor to create a theater or playroom, or walls could be put up to create a room measuring 8 tatami mats.

Using the addition on the north side of the second floor, we created two rooms of 8 tatami mats each. These rooms, the only with explicit partitions of space, utilize the incline of the ceiling produced by the restrictions of diagonal lines to create individual rooms that resemble roof crawlspaces. Light is incorporated from toplights, ensuring that the space does not intersect the sight lines of the neighboring home on the north side, resulting in a room that is bright during the day.

We believe that creating spaces that are all evenly spacious and bright would in fact restrict certain environments. Just as light and shadow are two sides of the same coin, it is the intersection of open and closed spaces, light and dark spaces, and so on, that provides a rich variety of dwelling experiences. By creating a void in this home that adjusts to accommodate the lifestyle and life stages of the residents, we have achieved a more free and flexible home.

primary use: house
architectural design: AIDAHO Inc
organizer: ReBITA
general contractor: Shinsei Kenchiku
location: Nerima-ku tokyo
completed: October 2016
photo credits: Takuya Furusue
大きな公園へ徒歩5分という好立地に建つこの住宅は、自然に触れ合えるとても良い周辺環境に位置しています。 しかし、建物の立地状況としては、東西は隙間なく住宅に挟まれ、北側は敷地から3mほど高い位置に隣家が建ち並んでいるため南側以外閉塞感のある建ち方をしていました。

外部環境を取り込んだ開かれた家のイメージは立地上限界があると感じ、天井が高い家の形状を利用してシンプルな操作で大らかな空間にできないかと考えました。そこで、上下階をつなぐ中間階を設け、家の中で縦方向に抜けのある伸びやかな家への転換を目指しました。 床のレベル差によってうまれたスリット状の開口は、実質的な床面積を減らさずに吹抜けのような解放感を得られると共に、光が入らず薄暗かった家の北側部分にもスリットを通して2階からの自然光が家の奥まで入り明るい空間となりました。

内部のプランは、1階に庭へと続く開放的な約17帖のリビング・ダイニング・キッチン、北側の増築部分に水周りをまとめその他に、もう一つのリビングを設けました。リビング・ダイニング・キッチンから2段下がって入るこの部屋は、開放的なリビングと対照的に、人が本能的に落ち着くと感じる洞穴のような囲われた空間としました。少し籠りたい時や家で仕事をする人など、生活との距離が適度に保たれた居心地のよい場所になることをイメージしました。

リビングから約2m上がった中間階は、上下階をつなぐハブのような場所です。 使用用途は様々に、子どものプレイルームや書斎、家族みんなのライブラリースペースや、サンルームとしても使えると思います。どちらの階へも視界が抜け、天井高さも最大で約5.2mと、住宅ではなかなか味わえない気積の大きな空間となっています。

中間階から1m上がった2階のオープンな場所は、フリースペースとなっています。住まい手の使用用途に合わせられるように間仕切りは設けていません。 中間階と一体的に使ってシアタールームやプレイルームとして使うことも可能ですし、壁を建てて8帖の個室としても利用可能です。

2階の北側には増築部分を利用して、8帖の個室を2つ設けました。 この家で唯一きちんと仕切られた部屋は、斜線制限によってできた天井の傾斜を活かし、屋根裏部屋のような個室となっています。北側隣家の視線と重ならないようトップライトから光を取り込んでいるので、北側でも日中は常に明るい部屋となっています。比較的天井が低いため主寝室や子ども部屋、趣味の部屋のようなイメージで想定しています。

私たちは住まいについて、均質な広い空間や全てが明るい空間をつくることは、実は不自由なのではないかと考えています。光があるから影が映えるように、例えば開放的な場所と閉鎖的な場所や明るい場所と暗い場所が共存しその振れ幅があることで、多様な暮らしを支えられるのではないかと思います。 この家では、住まい手がライフスタイルやライフステージの変化に対応できる余白をつくることで、自由を許容できる家にできたと思っています。

この家のように、今ある住宅ストックをいかに活用し、多様な暮らし方を支える寛容な器としての家を残していくことが今後の住まいに求められる役割だと考えています。

 

主要用途: 住宅
設計:株式会社AIDAHO
事業主: ReBITA
施工: 新生建築
所在: 東京都練馬区
敷地面積: 131.24㎡
建物面積: 120.07㎡
規模: 地上2階
構造: 木造
竣工:2016年10月
写真: Takuya Furusue