AIDAHO

news

©AIDAHO Inc.

大宮の家 上棟しました

2015.3.19
先日、大宮の新築住宅が、無事、上棟を迎えました。

画像 163

大工さんたちの手際が良く、息もぴったりで頼もしい限りでした。
引き続き、安全第一で頑張っていただけるとうれしいです。

画像 162

私達はと言えば、原寸の骨格が立ち上がるまでは、図面や模型で検討に検討を
重ねますが、どうしても想像の域を超えられません。
ですので、この日までは、そわそわした日々が続きましたが、
立ち上がった建物を色々なところから一日中眺め、ようやく一安心できました。

画像 164

棟が上がった夕方にお施主様が到着し、簡易的な上棟式を執り行いました。
上棟式の後には、奥様と奥様のお母様の手作りのお弁当などがお土産として
振る舞われ、いい雰囲気の1日でした。

お弁当も美味しかったですし、今後、少しずつ形になっていくのが楽しみです。

 

 

 

 

AIDAHOの手がけた住宅が雑誌「マンションリフォームidea101」に掲載されました

2015.4.27
AIDAHOが手がけた住宅が4月27日発売の雑誌「マンションリフォームidea101」に掲載されました。

マンションリノベーション

掲載されたのは、新浦安テラスハウス(86頁)と、

たまプラーザ団地のリノベーション(89)と、

東陽町のマンションリノベーション(93頁)の3つです。

093

 

画像は東陽町のリノベーションです。

書店などで見かけたら見ていただけると嬉しいです。


 

事務所移転のご案内

2015.3.13
謹啓 早春の候 ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り 厚く御礼申し上げます
さて このたび弊社は業務拡大に伴い 本社を下記に移転することとなりました
これを機に社員一同より一層の努力をしてまいりますので
今後とも一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながらご挨拶申し上げます

平成27年3月

株式会社 AIDAHO
代表取締役 長沼和宏・澤田淳
新住所 〒152-0003 東京都目黒区碑文谷5-14-13 碑文谷グレースビル203
TEL 03-6712-2919
FAX 03-6712-2917
営業開始予定日 平成27年3月13日

※3月13日正午より今までの電話番号が使えなくなっております
同日夕方より新しい電話番号が開通する予定です
ご不便、迷惑をおかけして申し訳ありませんが何卒よろしくお願いいたします

たまプラーザ団地 リノベーション内覧会を開催します

2015.3.08
この度、お客様の御好意により、株式会社AIDAHOがリノベーションを手がけた、たまプラーザ団地の住宅の内覧会を開催させていただけることになりました。

中尾邸02

中尾邸

たまプラーザ団地のリノベーションを手がけるのは2回目ですが、前回のタイプより広い3LDKタイプです。

お施主様と共に、ご家族のライフスタイルの変化に合わせた将来的なプランも含めて検討し、フレキシブルで楽しい住宅になる予定です。

これからお住まいをお考えの方や リノベーションにご興味のある方など、是非、足を運んで体感していただけますと幸いです。

日時

3月21日(土) PM1:00~PM6:00

3月22日 (日)  PM1:00~PM6:00

参加希望者はinfo@aidaho.jp までメールで御連絡ください。

宜しくお願い致します。

※場所は参加申し込み者にのみ御案内させていただきます。

kiredo(農家)のお店をつくっています

2015.2.20
千葉の四街道で面白くて美味しい野菜を栽培、販売しているキレドという農家のお店をつくっています。
(お店は四街道ではなく、千葉市若葉区の小倉台というところです)

きれど01

 

キレドの野菜は本当に美味しくて、弊社の長沼も会員となり、月2回送られてくる野菜を楽しみにしています。

キレドの面白さは、野菜を食べるということをより楽しくしてくれるところだと思います。

畑に遊びに行くと、取れたての野菜を味見させてくれたり、野菜についての面白い話をたくさん聞かせてくれます。

野菜がどんな場所で、どんな人によってつくられているのか、つくっている人がどんなことを考えてつくっているのかを知るだけで、

これまで日常で何気なく繰り返していた「野菜を食べる」という行為そのものが、ちょっとしたイベントのように、楽しいことになります。

いつもと同じことをしているのに、その日常が楽しくなったり、連鎖的に他のことにも興味が広がってゆくことは、とても素晴らしいことだと思います。

私達も、業種は違えど、建築や空間をつくってゆくなかで、「つくる」ということの面白さを伝えていきたいと考えているので、

キレドのこのような農家のあり方にとても共感を感じています。

 

キレドの工事は職人さんとキレドが半分ずつ工事をしています。

壁の既存の壁紙をはがし、パテで均し、塗装をしたり、

キレドで移動販売やデザイン全般を担当しているケイコさんが、素人のレベルを超えた施工をしています。

16249130077_290fd37906_k

丁寧に全面にパテが施された壁は、塗装していない状態でも独特な表情のある、雰囲気のある壁になりました。

16247369130_03f845d774_k

 

重かった冷蔵ショーケース(現場のみんなで運びました)

きれど02

 

キレドのイメージカラーであるオレンジで天井を塗装しています。

きれど03

 

独特なムラがとてもよくて、他にない独特な雰囲気になりました。

セルフビルででなければ、この絶妙なムラ仕上げは実現が難しいと思います。

まだ工事完了までもう少し時間がかかりますが、完成がとても楽しみです。