AIDAHO

news

©AIDAHO Inc.

着工~竣工のあいだ

2015.9.22
私たち建築設計事務所の仕事では、新築であれば敷地を、リノベーションであれば既存の現場の状態を調査し、敷地や既存の状態における、制約や利点などをできるだけ正確に読み込み、理解し、その中でクライアントのう要望を最大限満たすにはどうしたらいいかを考え、計画してゆきます。ただ、そうした中で、模型やパースを用いてシミュレーションをしてみても、いまいちイメージしきれないところも出てきます。

-11220_12298878913_o

そこで、AIDAHOでは、できれば実物を見て決めたいというような箇所については、工程に無理のない範囲であれば、工事現場の途中経過を見てもらって最終判断の参考にしてもらうようにしています。

-12061_12045189966_o

建築業界で働くようになって間もない頃、日々変わっていく現場の景色にとてもワクワクしました。通常、一般の人が目にすることのない着工から引渡しまでの間には、壁が全部解体されてコンクリートがむき出しになった状態や、規則正しく設置された壁の下地、ボードの目地をパテで埋めた時に出てくるパターン等、「これはこれでかっこいいのでは!?」と思わされるタイミングが多くあります。そして、それらの景色を見ることで、また新しい発想が浮かぶこともあります。

-418_11401039315_o -12426_12788633184_o

-11818_12608032594_o

「生産と消費のあいだ」でも書きましたが、私達は、建築のプロとして、建築のことをよく知ってもらい、建築をより楽しんでもらえるような機会をつくってゆきたいと思っています。

完成してはじめて現場を見るというのも驚きがあっていいと思いますが、何度かポイントとなるところで途中経過を見て、それまで決めたことを現場で検証しながらつくり上げていくことで、自分の持っている完成イメージと最終的にできたものとの誤差は小さくなり、思い描いたものにより近いものを実現することができます。

建築は要素が多く、決めてゆくだけでも、かなり根気のいる作業です。着工前に決めなければいけないことや、着工してから途中経過を見て決めたほうがいいこともあるので、焦らずいつまでに何を決めるかを整理し、少しずつ無理なく納得して決めていけるように各種ショールームや、現場の途中経過を見に行くスケジュールを組んで、決断しやすい状況を整えてゆく事が大切です。

t035

 

 

部屋と部屋のあいだ①

2015.9.18
空間を仕切るには様々な仕切り方があり、限られたスペースを上手く活用し、快適な環境を実現するには、この仕切りをどこにおくか、そしてどのような仕切りにするを考えることかがとても重要です。

これは事務所内の資料としてつくったものの一部ですが、これ以外にもまだまだたくさんの空間の仕切り方があります。

部屋と部屋のあいだ0915

光りも風も音も遮断したいのであれば、床から天井までの壁をたてればいいのですが、限られたスペースの中を壁で仕切ることで、仕切られた個々のスペースは狭くなり、開放感は失われてしまいます。

t019

この写真は、AIDAHOが手がけたマンションリノベーションの事例ですが、リビングと寝室の間を壁で仕切るのではなく、木製のガラス引き戸で仕切ることで、南側からの光をリビングだけではなく、寝室からも感じることができるようになっています。また、引き戸を開放することによって、寝室の一部をリビングの延長としても使うことができます。

t051

小さな子供のいる家族の場合は、子供が小さなうちは家族揃って同じスペースにいることが多いので、家族で過ごすスペースを一番大切だと考える人が多いと思います。この事例の場合は、引き戸という開閉可能な間仕切りを活用することで、限られたスペースの中でも開放感のある快適なLDK、寝室を実現することができました。

今回は引き戸を例にして間仕切りについて書きましたが、今後も少しずつ、部屋と部屋のあいだについて書いてゆこうと思います。

 

生産と消費のあいだ

2015.9.09
今年の4月に、kiredo(キレド)という千葉の四街道にある農家のお店 キレドベジタブルアトリエ をデザインしました。

キレドはちょっと変わった農家で、美味しくて珍しい様々な野菜を届けてくれるだけでなく、農家が身近にいる生活の楽しさみたいなことを感じさせてくれます。

畑に遊びに行くと、とれたての野菜を試食させてくれたり、様々なイベントを催してくれたり、自分の知らない野菜についての情報を教えてくれたり、いつも楽しませてもらっています。

野菜を育てることに面白みを感じ、真剣に取り組んでいる農家さんとの話はとても面白いし、届く野菜はいつも楽しみで、生活に彩を与えてくれます。

キレドのように、ものとの出会いを楽しく演出してくれる生産者は素晴らしいと思うし、そういう生産者との出会いに関心を持つ人は増えてきているのではないでしょうか。

私も、友人や、興味を持ちそうな知人には紹介してきましたが、そのキレドのお店づくりに参加できる機会をいただいたことはとても嬉しく、楽しくお仕事をさせていただきました。

-11471_16434771645_o -11450_16166000909_o

-11488_16247369130_o -11492_15814967403_o

-11494_16249130077_o -11608_16564132791_o

 

壁のパテ塗り等の下処理から塗装仕上げまで、自分達で出来ることはお客さんが自分で施工していたのですが、パテも塗装も面積が広く、かなり根気のいる作業だったにもかかわらず最後までやりきった店主のケイコさんには本当に感心させられました。

-11541_20616181973_o

-11542_21050463699_o

-11545_21049406778_o

最近はクラフトマーケットや農家の方々が直接野菜を売るマルシェのようなつくっている人から直接購入することが出来るイベントがいろいろな場所で開催されるようになって来ました。

私も国連大学前で開催されているファーマーズマーケットや、千葉で開催されているにわのわ、千葉県山武市で開催されている「山のおんぶ」等、つくっている人から直接買うことができるようなイベントは好きで、よく行っています。

つくっている人から直接買うことで、購入したものと一緒にその人の顔や話したことなんかも一緒に頭にインプットされる分、そのものに対する思い入れが強くなるし、お気に入りのものに触れながら生活することで、とても豊かな気持ちになります。

マーケットのようなイベントだけではなく、キレドベジタブルアトリエ のようなお店が町中に増えてゆくことで、日常の中に埋もれてしまっている、一つ一つの消費の意味を考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

私達も、建築設計、インテリアデザインの仕事のなかで、建築やインテリアデザインの面白さ、ものづくりの楽しさをクライアントと共有してゆきたいと思います。

「空く」と「壊す」のあいだ

2015.9.03
最近に限らず、町を歩くときは建物を見ていることが多いのですが、まだ十分住める感じなのに人が住んでいない家をたまに見つけて、そこを通る度に「まだ空いている」とか、「まだ壊されていない」とか、思っています。

家づくりに携わる者として、まだ十分住めそうに見えるのに、人が住んでいなくて空き家になってしまった家は、なんだか見ていて寂しい気持ちになります。まだ住めそうな家が、ある日通ったら解体していたりすると、凄く切ない気持ちになってしまいます。

 

いえかいたい

仕事でたまに、長い間空き家になっていた古い一軒家をリノベーションして、新たな住人が入居した状態を見ることあるのですが、外観は空き家の時とさほど替わっていなくても、なんとなく家が喜んでいるように見えるときがあります。

つい先日も、3年ほど前に、実家だった家をリノベーションして賃貸にしたオーナーさんから、入居している人にも気に入ってもらって、住んでもらって嬉しいという連絡をいただき、とても嬉しい気持ちになりました。

ちょうど3年前の今日工事を始めた住宅でした。

-2633_12284571405_o -2621_12284687433_o

-4144_12285180206_o 1002-040_8049345269_o

-4155_12284662855_o -5032_12247354015_o

u032

u002

 

u011

家にはそれぞれ持ち主の事情があって、壊されるのはしょうがない場合もあるし、私達の仕事も、家を壊すことからはじまることもあります。

でも、まだ十分住めるのに誰も住んでいなかった家を、誰かが「住みたい」と思えるような家に生まれ変わらせるという選択肢は、今よりもっと広がってもいいのではないかと思います。

私達も、あいだを考える建築事務所として、「空く」 と 「壊す」 の あいだについて、既存の建物を活かした面白い提案をしてゆきたいと思います。