AIDAHO

news

©AIDAHO Inc.

生産と消費のあいだ

2015.9.09
今年の4月に、kiredo(キレド)という千葉の四街道にある農家のお店 キレドベジタブルアトリエ をデザインしました。

キレドはちょっと変わった農家で、美味しくて珍しい様々な野菜を届けてくれるだけでなく、農家が身近にいる生活の楽しさみたいなことを感じさせてくれます。

畑に遊びに行くと、とれたての野菜を試食させてくれたり、様々なイベントを催してくれたり、自分の知らない野菜についての情報を教えてくれたり、いつも楽しませてもらっています。

野菜を育てることに面白みを感じ、真剣に取り組んでいる農家さんとの話はとても面白いし、届く野菜はいつも楽しみで、生活に彩を与えてくれます。

キレドのように、ものとの出会いを楽しく演出してくれる生産者は素晴らしいと思うし、そういう生産者との出会いに関心を持つ人は増えてきているのではないでしょうか。

私も、友人や、興味を持ちそうな知人には紹介してきましたが、そのキレドのお店づくりに参加できる機会をいただいたことはとても嬉しく、楽しくお仕事をさせていただきました。

-11471_16434771645_o -11450_16166000909_o

-11488_16247369130_o -11492_15814967403_o

-11494_16249130077_o -11608_16564132791_o

 

壁のパテ塗り等の下処理から塗装仕上げまで、自分達で出来ることはお客さんが自分で施工していたのですが、パテも塗装も面積が広く、かなり根気のいる作業だったにもかかわらず最後までやりきった店主のケイコさんには本当に感心させられました。

-11541_20616181973_o

-11542_21050463699_o

-11545_21049406778_o

最近はクラフトマーケットや農家の方々が直接野菜を売るマルシェのようなつくっている人から直接購入することが出来るイベントがいろいろな場所で開催されるようになって来ました。

私も国連大学前で開催されているファーマーズマーケットや、千葉で開催されているにわのわ、千葉県山武市で開催されている「山のおんぶ」等、つくっている人から直接買うことができるようなイベントは好きで、よく行っています。

つくっている人から直接買うことで、購入したものと一緒にその人の顔や話したことなんかも一緒に頭にインプットされる分、そのものに対する思い入れが強くなるし、お気に入りのものに触れながら生活することで、とても豊かな気持ちになります。

マーケットのようなイベントだけではなく、キレドベジタブルアトリエ のようなお店が町中に増えてゆくことで、日常の中に埋もれてしまっている、一つ一つの消費の意味を考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

私達も、建築設計、インテリアデザインの仕事のなかで、建築やインテリアデザインの面白さ、ものづくりの楽しさをクライアントと共有してゆきたいと思います。

「空く」と「壊す」のあいだ

2015.9.03
最近に限らず、町を歩くときは建物を見ていることが多いのですが、まだ十分住める感じなのに人が住んでいない家をたまに見つけて、そこを通る度に「まだ空いている」とか、「まだ壊されていない」とか、思っています。

家づくりに携わる者として、まだ十分住めそうに見えるのに、人が住んでいなくて空き家になってしまった家は、なんだか見ていて寂しい気持ちになります。まだ住めそうな家が、ある日通ったら解体していたりすると、凄く切ない気持ちになってしまいます。

 

いえかいたい

仕事でたまに、長い間空き家になっていた古い一軒家をリノベーションして、新たな住人が入居した状態を見ることあるのですが、外観は空き家の時とさほど替わっていなくても、なんとなく家が喜んでいるように見えるときがあります。

つい先日も、3年ほど前に、実家だった家をリノベーションして賃貸にしたオーナーさんから、入居している人にも気に入ってもらって、住んでもらって嬉しいという連絡をいただき、とても嬉しい気持ちになりました。

ちょうど3年前の今日工事を始めた住宅でした。

-2633_12284571405_o -2621_12284687433_o

-4144_12285180206_o 1002-040_8049345269_o

-4155_12284662855_o -5032_12247354015_o

u032

u002

 

u011

家にはそれぞれ持ち主の事情があって、壊されるのはしょうがない場合もあるし、私達の仕事も、家を壊すことからはじまることもあります。

でも、まだ十分住めるのに誰も住んでいなかった家を、誰かが「住みたい」と思えるような家に生まれ変わらせるという選択肢は、今よりもっと広がってもいいのではないかと思います。

私達も、あいだを考える建築事務所として、「空く」 と 「壊す」 の あいだについて、既存の建物を活かした面白い提案をしてゆきたいと思います。

 

たまプラーザ団地のリノベーション02がリライフプラスvol.18に掲載されました

2015.7.13
AIDAHOがリノベーションした「たまプラーザ団地のリノベーション」が、明日発売の雑誌リライフプラスvol.18(別冊・住まいの設計)に掲載されました。

たまプラーザ団地のリノベーションは、昨年も1つやらせていただく機会があったので、今回は2回目でした。

前回とは部屋のタイプも家族構成も違ったので、また違った雰囲気となっています。

小さなお子さんがいるご夫婦には特にリノベーションや、住まい方のヒントになることもあると思います。

興味がある人は是非見てください。

宜しくお願い致します。

18hyou1middle

01

02

goo.gl/cMsWwJ 

深谷の住宅リノベーションが始まりました

2015.5.08
GW明けから深谷の住宅リノベーションが始まりました。

画像 033

画像 048

画像 029

画像 010

平屋建てで、軒下が広い気持ちの良い住宅です。

間取りや住設機器仕様も、今の暮らしに合わせて大幅に変える予定です。

画像 074

画像 081

画像 087

早速、間仕切りや、天井を剥がし始め、壊すまでは分からなかった小屋組みやリフォーム前の古い壁が露わになりました。

完成が今から楽しみです!