AIDAHO

news

©AIDAHO Inc.

スクラップとビルドのあいだ

2015.10.13
先日、知り合いの建築事務所 A+Sa の手がけている住宅の建築現場を見学させてもらったのですが、建物の構造体の一部に、同じ敷地に元々建っていた住宅に使われていた構造材をリサイクルして使っているのを見つけて、とても感心しました。

同時に、古い木造住宅をリノベーションするとき、内部の仕上げを剥がして構造体が剥き出しになったときにも、部分的にリサイクルされた木材が使われているのを見つけたことを思い出しました。

天井裏01

今の木造住宅は、決まったサイズで大量に製材された材料に対して、機械で継手や仕口(材と材のジョイント部分)を刻むという方法で柱や梁をつくり、現場に運んで組み立てるという方法が主流なので、建物を丁寧に解体して古い材料を取り出し、新しい住宅に合うように加工して使うということはシステムに合わず、コスト軽減になるどころか、むしろコスト増になってしまう可能性もあります。

現代の日本は、大量に均一の住宅を供給できるようになっていますが、その代償として長く培われてきた職人の技やそれを後世に繋いでゆくシステムを衰退させてしまいました。

まだ十分に使える古い材料を細工して再利用するには技術が必要ですが、今はそのような技術を持つ職人は少なくなっています。

手刻み

手刻み2

今の家と違い、昔の日本家屋はほぼ自然素材のみで構成されていました。

塗り壁

今よりも腐食しやすく、脆い素材でつくられていながらも、長く住み続けることが出来たのは、定期的に手入れをするという習慣が根付いていたからだと思います。

木や土、石、藁など、なくなることはなく、どこでも手に入るような素材を使い、打ち込まれた楔や栓を抜くことで部分的な解体が可能という、保守性(maintainability)の高いつくりと、それを支てゆく技術を受け継ぐ職人達。

もちろん、このようなシステムが主流だった頃と今とでは状況が違うので、同じようにはいかないこともあると思いますが、業界全体が、このような持続可能なシステムを目指して、少しずつ変化してゆく必要があると思います。

今後益々増えて、問題化してゆくであろう空き家も、見方を変えれば資源と言えるのかも知れないし、また、新しく建てる建物も、未来の資源となるように考えてつくることも大切なのではないかと思いました。

 

 

 

さいたま市大宮区にて内覧会を開催します

2015.9.25
この度、株式会社AIDAHOが手がけた戸建て住宅が完成間近となりました。
お施主様のご好意により、内覧会を開催させていただくこととなりましたのでご案内させていただきます。
mokei
今回の計画は、家の骨格作りを工務店に依頼し、その他の仕上げ・建具・家具工事等は、お施主様が自らDIYで施工するという試みに挑戦しました。
敷地に合ったシンプルで明快なつくり、作り過ぎないこと、陽当りの良い伸びやかな空間、を目指し、私共も微力ながらその奮闘のお手伝いさせていただきました。
みなさまにご覧いただきご意見、ご感想をお聞きできればと思っております。

-12897_21483035230_o

これから新しいお住まいをお考えの方や、家づくりにDIYを取り入れてみたい方など、ご参考にしていただければ幸いです。
また、弊社と仲良くさせていただいている方々にも、私共の仕事を見ていただく良い機会になると思っております。

日時
10月3日(土) PM1:00~PM6:00
10月4日(日) PM1:00~PM6:00

参加ご希望の方にはメッセージで詳細をお伝えいたしますので
事前にご予約をお願いいたします。

メールでのお問い合わせは
info@aidaho.jp
までお願いいたします。

facebook のイベントページで参加を選択していただいた方にも、メッセージにてご案内しております。

みなさまのお越しをお待ちしております。

-12899_21680144151_o

通常と非常のあいだ

2015.9.24
シルバーウィークは天気がよくてよかったですね。気温もちょうどよくて出かけるにはもってこいの連休でした。連休の予定は特に決めずにいたのですが、予定が空いた一日を使ってボランティアをしに茨城へ行ってきました。

大雨による洪水被害にあった常総は都内からも近く、シルバーウィーク中のボランティアは当日決まった時間に決まった場所へ行けば参加できるということだったので、行ってみることにしました。

当日の朝、早めに集合場所へ行ったにもかかわらず、すでにたくさんの人が集まり、受付けに長い列をつくっていました。

茨城01

連休なのにこんなにたくさんの人がボランティアに来ているのかと驚きつつ、列に並び、バスに乗って被災地に向かいました。私が派遣された場所は鬼怒川沿いの住宅地でしたが、生々しく残った洪水の跡を見るに、一番激しい時には肩まで漬かってしまうほどの水が来ていたことが見て取れました。
基礎以外は軽い素材で構成される木造建築は、コンクリートでできた基礎にボルトで固定されていたとしても、大量の水が一気に流れてくれば浮いて流されてしまいます。

流されなかったとしても、浸水してしまうことで、泥が大量に溜まってしまったり、畳や床材、壁材、家具は傷み、復旧には多大な労力がかかります。

-12881_21678787971_o

私の仕事は建物の床下や敷地内に散乱した、大量の泥や藁(田んぼから流れてきた)を集め、袋に入れることだったのですが、なかなか手間のかかる作業でした。

私は家に帰れば安心して休む場所がありますが、家が洪水被害にあった方々は心から休める場所がありません。被災された方々の苦労を思うと胸が痛みました。
それでも明るく励ましながら作業をされている現地の方々には、逆に自分が励まされた気がします。

今回私が派遣された被災地周辺を茨城県常総市のハザードマップで見ると、概ね100年に1回程度起こる大雨時に、2~5メートル浸水する可能性があるエリアだということが分かります。
00705

古くからこの地に住まわれている人の中には、鬼怒川や小貝川の洪水を経験された人もいたと思いますが、今回ほどの洪水を現実的に想定して備えていた人は少なかったのではないかと思います。

自分の住むエリアや、住むことを検討しているエリアは、一度ハザードマップで確認し、その場所のことをちゃんと調べ、認識しておいたほうがいいと思いました。

自然災害を完全に回避することはできませんが、日常の中で少しずつ備えてゆくことで、被災するリスクを少しずつ軽減してゆくことはできると思います。

 

 

 

 

着工~竣工のあいだ

2015.9.22
私たち建築設計事務所の仕事では、新築であれば敷地を、リノベーションであれば既存の現場の状態を調査し、敷地や既存の状態における、制約や利点などをできるだけ正確に読み込み、理解し、その中でクライアントのう要望を最大限満たすにはどうしたらいいかを考え、計画してゆきます。ただ、そうした中で、模型やパースを用いてシミュレーションをしてみても、いまいちイメージしきれないところも出てきます。

-11220_12298878913_o

そこで、AIDAHOでは、できれば実物を見て決めたいというような箇所については、工程に無理のない範囲であれば、工事現場の途中経過を見てもらって最終判断の参考にしてもらうようにしています。

-12061_12045189966_o

建築業界で働くようになって間もない頃、日々変わっていく現場の景色にとてもワクワクしました。通常、一般の人が目にすることのない着工から引渡しまでの間には、壁が全部解体されてコンクリートがむき出しになった状態や、規則正しく設置された壁の下地、ボードの目地をパテで埋めた時に出てくるパターン等、「これはこれでかっこいいのでは!?」と思わされるタイミングが多くあります。そして、それらの景色を見ることで、また新しい発想が浮かぶこともあります。

-418_11401039315_o -12426_12788633184_o

-11818_12608032594_o

「生産と消費のあいだ」でも書きましたが、私達は、建築のプロとして、建築のことをよく知ってもらい、建築をより楽しんでもらえるような機会をつくってゆきたいと思っています。

完成してはじめて現場を見るというのも驚きがあっていいと思いますが、何度かポイントとなるところで途中経過を見て、それまで決めたことを現場で検証しながらつくり上げていくことで、自分の持っている完成イメージと最終的にできたものとの誤差は小さくなり、思い描いたものにより近いものを実現することができます。

建築は要素が多く、決めてゆくだけでも、かなり根気のいる作業です。着工前に決めなければいけないことや、着工してから途中経過を見て決めたほうがいいこともあるので、焦らずいつまでに何を決めるかを整理し、少しずつ無理なく納得して決めていけるように各種ショールームや、現場の途中経過を見に行くスケジュールを組んで、決断しやすい状況を整えてゆく事が大切です。

t035

 

 

部屋と部屋のあいだ①

2015.9.18
空間を仕切るには様々な仕切り方があり、限られたスペースを上手く活用し、快適な環境を実現するには、この仕切りをどこにおくか、そしてどのような仕切りにするを考えることかがとても重要です。

これは事務所内の資料としてつくったものの一部ですが、これ以外にもまだまだたくさんの空間の仕切り方があります。

部屋と部屋のあいだ0915

光りも風も音も遮断したいのであれば、床から天井までの壁をたてればいいのですが、限られたスペースの中を壁で仕切ることで、仕切られた個々のスペースは狭くなり、開放感は失われてしまいます。

t019

この写真は、AIDAHOが手がけたマンションリノベーションの事例ですが、リビングと寝室の間を壁で仕切るのではなく、木製のガラス引き戸で仕切ることで、南側からの光をリビングだけではなく、寝室からも感じることができるようになっています。また、引き戸を開放することによって、寝室の一部をリビングの延長としても使うことができます。

t051

小さな子供のいる家族の場合は、子供が小さなうちは家族揃って同じスペースにいることが多いので、家族で過ごすスペースを一番大切だと考える人が多いと思います。この事例の場合は、引き戸という開閉可能な間仕切りを活用することで、限られたスペースの中でも開放感のある快適なLDK、寝室を実現することができました。

今回は引き戸を例にして間仕切りについて書きましたが、今後も少しずつ、部屋と部屋のあいだについて書いてゆこうと思います。