AIDAHO

news

©AIDAHO Inc.

「住まい設計」の巻頭特集に大宮区三橋の家が掲載されました

2016.5.23
雑誌「住まいの設計」の巻頭特集に大宮区三橋の家が掲載されました。

住いの設計

 

家具職人のお施主さんと、建築家が一緒に考えてつくりあげた住宅には様々な工夫や知恵や遊び心が詰まっています。

完全に建築家や工務店に任せてしまうのではなく、DIYを織り交ぜて自分の家をつくりたいという方は是非見ていただきたいと思います。

 

今回の工事では、内外装仕上げ工事(一部下地も含む)、階段、外構工事など、お施主さんが作れる範囲を自らの手でつくることで、既製品では絶対に出すことのできない素材感や作る過程でうまれたDIYならではのつくり方やかたちなど現場で常に変化していきました。

自ら作ることで、今後のメンテナンスも踏まえた材料選定や、思い切った仕上げ方法も実現できたり、住みながら手を入れていくので途中で終わらせたりと、既成概念にとらわれない柔軟な考え方をお施主さんと共に模索することができました。

日々更新中のこの家が、今後、どのように成長していくか楽しみです。

suzu02

suzu01

マンションでも広く明るい玄関をつくる

2016.4.22
最近は玄関の三和土(たたき)を広くつくり、ベビーカーやゴルフやアウトドアー用品等を置いておくスペースとして活用したいという人も増えてきています。

マンションでは、居室を最大限取ろうとする為に狭くなりがちです。また、限られた窓をできるだけ居室にあてがえるように計画されている為、玄関に窓は無く、暗くなりがちです。

s086


これはAIDAHOが以前手がけたマンションのリノベーションの事例ですが、玄関側の壁に接していた居室を縮小して、玄関の土間を拡張しています。

加えて、居室と玄関の間の壁に開閉できる屋内用の窓を設置する事で、窓からの光りと通気を玄関と居室で共有できるようにしてあります。

これにより、広く明るい玄関をつくることができ、居室のほうにも外光と外気引き込むことができるようになりました。
※木製室内窓はツールボックスで販売中です

s052

マンションだからと諦めなくても、計画次第で実現できることもあります。
諦める前に是非ご相談ください。


 


 

 

横須賀で戸建て住宅の工事がはじまりました

2016.4.20
一昨年から計画を続けていた横須賀の住宅2棟の工事がついにはじまりました。

地鎮祭も無事に終わり、現在工事が進んでいます。

-11181_26119867726_o

地鎮祭は天候にも恵まれ、気持ちの良いスタートが切れました。

IMG_7435 IMG_7436

 

今回は横須賀中央駅から歩いてすぐの場所に賃貸用の戸建てを2棟建てる計画なのですが、AIDAHOが規格住宅をつくるならどうつくるかということを意識して、

コストをできるだけ抑えつつ、それでいて他の規格住宅には無い、上質で住みやすい住宅を目指しました。

外観はガルバリウム鋼板で囲われていて、頭巾を被ったような感じになっています。

横須賀

これから少しずつNEWSで進捗をお見せしてゆこうと思います。

 

 

松戸市 マンションリノベーション内覧会を開催します(終了しました)

2016.2.19
この度、株式会社AIDAHOが手がけたマンションリノベーションが
完成間近となりました。
お施主様のご好意により、内覧会を開催させて頂く事となりましたので
ご案内させていただきます。
みなさまにご覧頂きご意見、ご感想をお聞きできればと思っております。

IMG_0763

 

今回のリノベーションでは、奥行の長い間取りに対してどのように繋がりをもって仕切れるかを考え、収納と扉とキッチンが一体化した家具の仕切りにより、閉塞感のない機能的で居心地の良い空間づくりを目指しました。

IMG_0762s

現地では希望の方を対象にリノベーションや新築の相談を無料でお受けしております(要予約)
新しい住まい探しの候補の1つとして、中古のマンションや住宅を購入してリノベーションすることをお考えの方や、土地を購入して戸建て住宅を建てたい方など、実際に私達が手がけた住宅を見ながら、相談ができるとてもいい機会になると思っています。
相談の御予約は弊社ホームページContactへご連絡ください。
http://aidaho.jp/contact/
また、弊社と仲良くさせていただいている方々にも、私共の仕事を見ていただく良い機会になると思っております。
是非、お誘い合わせの上、御来場いただければと思います。

日時
2月28日(日) PM1:00~PM6:00
※ご都合の悪い方は2月27日(土)も
お時間によりご案内をお受けしております。

参加ご希望の方には、個別にご案内をお送りいたしますので
事前にご予約をお願いいたします。

メールでのお問い合わせは
info@aidaho.jp
までお願いいたします。

facebook のイベントページで参加を選択していただいた方にも
メッセージにてご案内しております。

みなさまのお越しをお待ちしております。

toolboxにて木製室内窓の販売を開始しました

2016.3.24

少し前の話になってしまいましたが、昨年からtoolboxさんと山形の老舗建具屋さんと一緒に開発を進めていた木製室内窓が、toolboxからリリースされました。
http://www.r-toolbox.jp/service/木製室内窓/


mado


屋内の壁に設置することで、部屋と部屋のあいだで通気や、採光を共有することができます。


どのような空間にも馴染むようシンプルなデザインでありながら、そのつくりの中には老舗の建具屋さんの技術と経験が詰まっています。


大きさも日本の住空間に適した絶妙なサイズでつくられおり、壁に設置されることで視覚的にも程よいアクセントとなります。


空間を仕切りたいけど開放感は残したい


住まいづくりを考える時、できるだけ広く開放的な空間をつくりたいという思いと、寝室や子供部屋、書斎など仕切られた空間がほしいという思いの両方がせめぎ合うことがよくあります。


限られた空間の中で、開放感を保ちつつ、空間を仕切りたいという場合にこの窓はとても役に立ちます。


例えば、とても一般的な、ベランダ側と玄関側にしか窓がなく、2方向からしか通気と採光がとれない間取りのマンションをリノベーションする場合、ベランダに面した広く開放的なLDKをつくることで、子供部屋や寝室などの個室が窓際から離れてしまい、窓のない部屋となってしまうことがあります。


そのような時、LDKと隣接する子供部屋や寝室の間に田窓を設けることで、LDKに入る外光と外気を共有することができます。


 

s01402


リノベーションで玄関を広くする場合も同様に、個室が窓側の壁から離れてしまう場合がありますが、この窓をつけることで玄関側の窓からの外光と外気をを共有することができます。


 まどげんかん  s058補修済


湿気が篭りがちな洗面脱衣室や、ランドリースペースに設置する事で、換気がしやすく衛生的な水周りを実現することができます。


また、普通の窓と同様にカーテンやブラインドをつけることで、視界を遮ることができるので、用途に合わせて組み合わせることでプライバシーを保つこともできます。


木製室内窓は飾り気のないシンプルで素朴な窓でありながら、様々な部屋のあいだに設置することで、自分らしい暮らしをデザインすることができるアイテムです。


その可能性を是非試してください。




材質はスプルスで、窓の幅と高さは780㎜×780㎜の1種類、奥行は設置される壁の厚みに合わせられるように110㎜と165㎜の2種類のサイズからお選びいただけます。


開き方は、引き違いタイプと押し出し窓タイプの2種類があり、ガラスは透明と型ガラス(梨地)の2種類からお選びいただけます。


押し出し閉 引き違い閉


 押し出し開 引き違い開


押し出し開梨 引き違い開梨


 これから自宅やお店などをつくる人や、建築や空間デザインに携わる人にも活用していただけると嬉しいです。

今生活している空間や、お店にこの窓を付けたいという相談も受け付けます。