AIDAHO

news

©AIDAHO Inc.

「古家リノべ現場見学会」をやります

2017.1.25

「古い木造住宅のリノベーション現場見学会」


略して


「古家リノベ現場見学会」


をやってみようと思っています。

-12938_28687042294_o -12939_29309745525_o

-12917_29275782176_o -12911_29230967161_o

こちらの住宅は、今現在AIDAHOでリノベーションの計画をし、すでに工事が始まっています。戸建ての賃貸として、長くお住まいになっていた方がいましたが、その方が転居し、1年くらいの間空き家となっていました。

敷地延長で道路に接している道幅が2m以上ないため、今現在建っている住宅を壊しても新しい建築を立てることができません。このようなケースは都内では決して少なくありません。

※道路から奥まった土地から通路のような細い土地が道路に接している土地で、道路と敷地が2m(場合によっては3m)以上接していない都市計画区域、または準都市計画区域内の土地は原則として建築物は建てられず、接道義務が定められる前に建てられた建物を壊して再建築することもできません

しきえん02

このような環境にある住宅は、周りを建物に囲まれていることで採光、通風が確保しにくいというデメリットはありますが、道路から離れている分静かだったり、プライバシーが守りやすいなどのメリットもあります。

しきえん

壊しても新しい建築物が建てられないため、都内でも古くて趣のあるような建物が残っているケースも多いです。

-15135_32260397111_o  -15142_32260398671_o

-15116_32341558816_o  -15120_32230338192_o

解体してみると壁は全て土壁でつくられており、構造体の接合も今とは違う昔のやり方でつくられています。

今回の工事では、構造体はありのまま残し、外部に面した壁内に構造用合板を張ることで構造をできるだけ補強します。

構造についてはより強くする方法はいくらでもありますが、費用と効果のバランスを考えてこの方法を採用しました。

外部に面した壁全体を構造用合板で覆うのは石膏ボードで仕上げるよりも一般的にはコストがかかりますが、仕上げをクロス仕上げではなく、構造用合板の風合いを活かしてオイルステインなどで仕上げるようにすることで、逆にコストを抑えることも出来ます。

この住宅の場合はDIYを楽しむことが出来るようにしたいと考えていたので、内壁の全面がベニヤで仕上げられていることで、棚やフックなどが好きなところにつけることができ、自分の暮らし方に合わせて家をつくってゆくことができるようになっています。古材のような雰囲気のある柱や梁はボードやクロスで覆うようなことはぜず、少し表面をきれいにして露出させます。

最近ではこのような仕上げ方も一般的に知られるようになり、クライアントに受け入れられやすくなってきましたが、少し前まではよく「これこのまま?」と言われていました。もともと自分の身近にこのようなつくりの住宅があった人にとっては、この古さがどうしてもいいと感じることが出来ないということもあると思います。

私の場合は全く逆で、柱や梁が全く見えない(飾りの床柱はありましたが)ミサワホームのツーバイフォーの家で育ったため、柱や梁が露出して見えている家は新鮮に感じられ、構造体の見えないツーバイフォーの家よりも「本物の家」という感じがしてかっこいいと思っていました。同じように、古民家のような家で育った人にとっては、無機質で均一な素材に覆われた家が「現代の家」という感じでかっこよく思えるのではないかと思います。

都内の住宅地を歩いてみると、今回の住宅と同じような、道路から奥まった場所で老朽化して放置された家を目にすることがあります。そのような住宅に価値を感じることが出来ず、持て余している人に、今回のリノベーションの現場を見てもらうことで、持っている住宅の価値や可能性を感じるきっかけにしてもらえたらいいなと思っています。

今計画している住宅は古さと新しさが混同した家になります。私のように古いものや素材感のあるものに豊かさを感じる人にとっても、古いものの不便さを知り、古さを魅力と思えない人にとっても、いいと思ってもらえるような家にしたいと思っています。

そんな家がどうつくられているのか、そのプロセスを覗いてもらうのが「古家リノベ現場見学会」です。

すでに工事が始まっており、日々完成に向けて着々と出来上がってきてしまっているので日程がかなり近くなってしまうのですが、今週の土曜日の1月28日 午後1時~午後5時くらいの間で希望者を募集いたします(予約制とさせてください)。

それ以降でも希望者がいれば随時案内させていただこうと思いますので、info@aidaho.jpまでメールをくださいcontactからお問い合わせいただいてもかまいません)。

よろしくお願いいたします、

 

戸建住宅の内覧会を開催します(横須賀中央)

2016.9.26

AIDAHOが設計した木造戸建住宅の完成内覧会を開催します。
賃貸用の戸建住宅として2棟を並べて建築しています。
1階には広い土間があったり、2階LDKはロフト上までつながった勾配天井が空間に開放感を与えています。


日程:10月1日(土)、2日(日)の2日間

時間:午後1時~午後5時


0004

内覧会写真03

内覧会写真01

内覧会写真02どなたでも参加していただけるので、是非多くの人に見に来ていただきたいと思います。

内覧会を見に来るついでに建築の相談もお受けすることもできます。
建築の相談を希望される方は事前にこちらから予約をしてください。


※問い合せ内容欄に、内覧会に来場する日取りと時間、相談したい内容を記入して送信してください。相談は無料です。




深田台地図





横須賀で戸建て住宅の工事がはじまりました

2016.4.20
一昨年から計画を続けていた横須賀の住宅2棟の工事がついにはじまりました。

地鎮祭も無事に終わり、現在工事が進んでいます。

-11181_26119867726_o

地鎮祭は天候にも恵まれ、気持ちの良いスタートが切れました。

IMG_7435 IMG_7436

 

今回は横須賀中央駅から歩いてすぐの場所に賃貸用の戸建てを2棟建てる計画なのですが、AIDAHOが規格住宅をつくるならどうつくるかということを意識して、

コストをできるだけ抑えつつ、それでいて他の規格住宅には無い、上質で住みやすい住宅を目指しました。

外観はガルバリウム鋼板で囲われていて、頭巾を被ったような感じになっています。

横須賀

これから少しずつNEWSで進捗をお見せしてゆこうと思います。

 

 

設計事務所と工務店のあいだ

2016.1.08
れんが

AIDAHOは設計事務所ではありますが、状況に応じて工務店もやってきました。ここでいう工務店とは、複数の専門工事業者を管理し、総合的な工事を請け負う業者のことです。

今現在進めているパン屋さんのプロジェクトは、AIDAHOが工務店として工事を請け負い、工務店ではなくつくり手に直接仕事を発注して進めています。

一緒に工事を進めているのは、10年来の付き合いのデザインも設計も施工もできるスーパーマンのような仲間達です。

クライアントは15年前に知り合い、昔からお店を出すときには相談するといってくれていた人で、ありがたいことに本当に声をかけてくれて、お店づくりをさせてもらえることになりました。

ずっと近くにいた人達が、互いに影響しあいながらも別々の道を歩いてきて、今こうして1つの目標に向けて歩みをそろえていることがとても嬉しいです。

今回一緒にお店作りをしているWOODWORKは御徒町にある家具屋さんで、長沼と澤田の古くからの友人が働いています。これまでイベントやワークショップを一緒にやったり、AIDAHOの設計した空間に家具をおかせてもらったりデザインした店舗のカウンターをつくってもらったりと、一緒にものづくりをしてきましたが、0から一緒に考えて空間をつくったことはありませんでした。

AIDAHOは設計事務所として空間全体のデザインをまとめるという点では、WOODWORKよりも経験がありますが、家具という単体として完成されたものを考え、つくり続けてきたWOODWORKは、ディテールに対する鋭い感覚をもっています。

一緒にものづくりしていてとても勉強になるし、互いにこれまで単体のままではできなかった発想ができるようになってきています。

まだ小さな一歩を踏み出したばかりですが、今後の展開がとても楽しみです。

-9485_23880134209_o -9477_23952371770_o

-9470_23619725074_o -9476_24165424441_o

新年会のお知らせ

2016.1.07
新年明けましておめでとうございます。

昨年は様々な縁に支えられ、会社設立四年目を迎えることができました。

2016年も宜しくお願い致します。

24190208975_4caa68da95_o (1)

1月30日(土曜日)に、AIDAHOが仲良くさせてもらっている御徒町の家具屋さんWOODWORKと一緒に新年会をやります。

午後2時から、WOODWORKの毎年恒例行事であるお餅つきが開催され、新年会は午後5時から午後8時まで開催する予定です。

お餅もおでんも基本的にはふるまいなので、気軽に遊びに来てください。 持ち寄りも大歓迎です。 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

会場はこちら↓

map

(WOODWORKのホームページより拝借させていただきました)

これまでAIDAHOとWOODWORKは一緒にイベントを企画したり、AIDAHOが手がけた空間に家具を入れてもらったり、丁寧に仕上られた無垢天板を設置してもらったりと、一緒にものづくりをする機会がありましたが、2016年は一緒に0から空間をつくることを少しずつはじめようと思います。

年末からはパン屋さんの工事がはじまりました。 今月末には完成予定なので、進捗の状況を少しずつ書いてゆこうと思っています。

-9453_24203486616_o -9454_24147013721_o

1月30日の新年会では、会場となるWOODWORKにて、WOODWORKの家具達も実際に見ることができるので、是非会場で触れてみてください。

facebookイベントページはこちらです。
123